これはあなたの体に何が起こるかです。.. あなたがコーヒーを飲むとき

私たちの体には複数の効果があり、多くの有益なものがありますが、あなたの健康にはあまり良くありません。

コーヒー消費の利点のいくつかは次のとおりです。

1. 集中力と学習能力を向上させる:

コーヒーを飲むことは、記憶と密接に関連する海馬として知られる脳の領域におけるシナプス活性、すなわち神経細胞 したがって、コーヒーを試飲した後、人の精神的な鋭敏さが増加する。

2. あなたがラインを維持するのに役立ちます:基礎代謝を加速することによって、カフェインはあなたのカロリー摂取量を増加させ、あなたの食欲を減 カフェインは形でそして余分ポンドなしで保つために貢献する他のメカニズムの中であなたの体の熱の生成および脂肪の酸化を、促進する。

3. 心血管の危険を減らします: コーヒーの定期的な消費は、冠状動脈性心疾患、うっ血性心不全および脳卒中、私たちのコミュニティの死亡率の最も一般的な原因の三つを発症するリスクの減少と関連しています。

また、コーヒーは、インスリンや前糖尿病に対する抵抗性に関連するメカニズムである酸化ストレスを軽減する抗酸化物質を含有することにより、2型糖尿病の発症に対する予防効果を発揮する。 コーヒー中のクロロゲン酸は、腸内のグルコースの吸収を阻害し、したがって血液中のそのレベルを低下させるのに寄与する。

4. 長寿に貢献する:コーヒーの消費は、アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患から私たちを守るだけでなく、肝硬変や非アルコール性脂肪肝などの肝疾患のリスクを軽減するのに役立ちます。 コーヒーを飲むことはまた、皮膚、前立腺、子宮内膜、口腔、肝臓、黒色腫および白血病などの様々なタイプの癌の発症に対して保護効果を発揮する。 コーヒーには、抗酸化および抗炎症機能を有する成分が含まれています。

しかし、誰もが同じ安心してコーヒーを消費できるわけではありません。 残念ながら、その摂取量は、一部の人々のための欠点を持っています。 誰がそれを消費すべきではありませんか?

1. カフェインに敏感な人: カフェインに敏感な人で寝る前にコーヒーを6時間未満消費すると睡眠障害が発生するため、寝る前に避けることをお勧めします。

2. 心臓不整脈を起こしやすい特定の個人:その刺激効果のために、コーヒーの消費は、敏感な人々では、心拍数の増加を引き起こす可能性があります。 また、いわゆる期外収縮、心臓の早期収縮などの良性不整脈は、場合によっては不快感を引き起こす可能性があるが、通常は健康に危険ではない。

3. 消化器疾患を持つ人々:胃食道逆流に苦しむ人では、コーヒーは苦味の存在を支持することができます。 胃炎の場合、コーヒーは問題を引き起こさないが、胃粘膜の炎症に既に苦しんでいる人には刺激性があり、胃の痛みを引き起こす可能性がある。

4. 骨折の危険にさらされている女性:コーヒーの消費はカルシウムの吸収を減少させ、したがって骨の強さを損なう可能性があります。 私達が月経閉止期の女性に骨粗しょう症を開発する高められた危険があった後考慮すれば、コーヒーと共に彼らのカルシウム補足を取ることを避ける

あなたがコーヒーを楽しむなら、私は一日三杯の平均消費量は、医療禁忌なしに健康であることができると結論づけてみましょう。 さらに、別の良いニュースがあります:あなたはカフェインに非常に敏感であることが起こる場合は、カフェイン抜きのコーヒーを消費することはまた、定期的な飲酒の有益な効果のほとんどを持っています。

コーヒー栽培者になった後、消費を放棄することに決めた場合、頭痛、疲労、眠気などの不快感を避けるために、徐々にそうすることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。