インフルエンザの流行に関する偽のニュース記事は、Facebook上でウイルスのように広がります

月に500,000人の他の人々のように、あなたはおそらくFacebook上でこのウイル これは、月の多くのために全世界で12番目に好き、共有、およびコメントの物語のままです。

そして正当な理由のために:この話は、米国疾病管理センター(CDC)の匿名の医師によって投与された「悲惨な」インフルエンザの流行が、すでに米国中の数人が死亡している致命的なインフルエンザの流行を引き起こしたと主張した。

それは致命的な医療事故についての恐ろしい物語です。 それはまだワクチンについて警戒している人々の疑いを確認します。

最悪の場合、それは偽物です。

アクションを取る:一緒に将来の病気と戦いましょう

しかし、それは何千人もの人々が物語を共有し、自分の解説を追加し、2009年以来最悪のインフルエンザシーズンになっている間にインフルエンザのショットを避けるように彼らの信者に促すのを止めていません。

このウイルスに感染した人々の数は、3400万人のアメリカ人がインフルエンザにかかり、56,000人以上が死亡した2014-2015シーズンからの感染を上回るように設定されている、ニューヨーク-タイムズによると。

画像:Facebook

人気のある物語の中心にある嘘を暴くためだけに、インフルエンザのショットはあなたを病気にすることはできません。 ワクチンは実際に研究が予測するインフルエンザウイルスから受信者を保護する最も一般的になります。

さらに、CDCはこのインフルエンザの季節を”中程度の重症”とみなし、インフルエンザの発生率と分布を詳述した毎週のデータ要約をウェブサイト上に集

画像:Facebook

続きを読む:どのように偽のニュースが世界的な流行につながる可能性があります

しかし、多くの人々のために、物語はインフルエンザのショッ

CDCによると、2014年から2015年のインフルエンザシーズン中に6ヶ月以上の米国居住者の半数以下がインフルエンザを発症した。

Facebookの驚くべき見出しをちらっと見た他の人は、欺瞞的なインフルエンザの話が”偽のニュース工場”YourNewsWireに現れていることに気付かず、その野生の主張を裏付ける単一の情報源を引用していない。

それはFacebookを打つと、物語はすぐに広がり、それが好きなものやコメントを蓄積したように、より多くのニュースフィードに表示されます。 この記事は、Media Whipの報告によると、1月11日(Facebookがニュースフィードを変更した日)と1月23日の間に、ほぼ500,000人に達しました。facebookは、企業よりも友人や家族からの投稿を強調するためにニュースフィードを変更しました。

すべての人々が自分の健康に関する正確な情報を入手し、安全で手頃な価格の医療にアクセスできるようにするための地球市民キャンペーン。 あなたはここで行動を取ることができます。

続きを読む:南スーダンの偽のニュースは大量虐殺につながる可能性があります

Facebookは非常に公にソーシャルメディアを掃引誤解を招く、不完全な、またはあからさまな偽の情報と戦うためにしようとしていますが、ソーシャルメディアトラッカー Media Whipによる新しいレポートは、彼らの努力がこれまでのところ偽のニュース記事の拡散を停止することができなかったことを示しています。

インフルエンザウイルス自体のように、そのような話は影響を受けやすい人を対象とし、人から人へと広がっています。 彼らはソーシャルメディアアルゴリズムを介してそれらに到達し、私たちが関与する可能性が最も高い情報を把握し、促進します。 彼らは私たちの恐怖をタップし、私たちの疑惑を確認するようです。 つまり、ソースや実際の研究や証拠の欠如を考慮することなく、額面でそれらを取る可能性が高いことを意味します。

: Facebook

Facebookや他のソーシャルメディアプラットフォームは偽情報の拡散を防ぐ方法をまだ考え出していないので、偽の話を自分自身で特定するのは個人

幸いなことに、消費者擁護者とメディアウォッチドッグは、偽物のニュースをスポッティングするためのガイドを共有しています。例えば、

は次のようになります。FactCheck.org有権者が政治的主張を検証するのを助ける消費者支持者であり、ソーシャルメディアユーザーに情報源を検討するよう奨励しています。

例えば、あなたのNewswireを取ります。 オンライン調査はGoogleのAdsenseネットワークが昨年うそのための傾向のために物語を促進することから場所を禁止したことを明らかにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。