グローバル結核プログラム

はじめに

終末結核戦略の第三の柱–研究と革新–は、結核の発生率と死亡率の大幅な削減を達成するには、既存の技術への普遍的なアクセスを促進することに加えて、新しいツールと戦略の開発と導入が必要であることを認識している。

この点に関し、保健大臣は、結核の撲滅に関する第1回世界閣僚会議(2017年11月、モスクワ)において、特に保健研究への投資の増加、規制上の障害の軽減、国内の結核研究能力の向上により、結核研究を触媒するために必要な毅然とした行動をとることを約束した。 結核との闘いに関する国連高レベル総会の政治宣言は、結核の研究と革新に関する大胆なコミットメントと行動を明確にしました。 これらのコミットメントを行動に移すには、国、地域、世界レベルで一貫した統合されたアプローチが必要である。 この文書は、これらの宣言に明記されている研究とイノベーションに関するコミットメントの実施を容易にするための枠組みを各国に提供するこ 戦略の起草は2018年の決議WHA71.3で義務付けられており、起草プロセスには以下の活動とタイムラインが含まれていました。

結核研究とイノベーションのためのグローバル戦略

この要請に応えて、WHOは、科学者、国家TBプログラムマネージャー、科学技術省を含む保健省内外の他の関係者、市民社会や影響を受けた地域社会の代表者、研究資金機関、その他の結核研究とイノベーションの利害関係者との協議に基づいたグローバル戦略を策定した。

行動のための四つの主要な領域は、戦略で強調表示されています: TB研究とイノベーションのための可能な環境の作成、TB研究とイノベーションへの金融投資の増加、データ共有へのアプローチの促進と改善、研究とイノベー TBを終了するための迅速な追跡努力の精神では、成功のための前提条件は、すべての利害関係者が協調して努力し、協力することです。 したがって、戦略はまた、主要な国内および国際的なパートナーと影響を受けたコミュニティが技術革新を加速するために必要な投資とパートナーシップを 文書の主な対象者は、加盟国、特に保健、科学技術、金融、教育の省庁です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。